« 沿岸の生物多様性とクジラ | トップページ | イルカ猟が始まる »

2020年8月 4日 (火)

イルカの新捕獲枠

今年度のイルカ捕獲枠、8月1日に公表されました。

https://www.jfa.maff.go.jp/j/whale/attach/pdf/index-51.pdf

コビレゴンドウの追い込みの捕獲数が134頭から101頭、オキゴンドウが70頭から49頭と、微妙に減らしたようです。あとは変わりなしで、突きん棒と追い込み合わせて10907頭。

 

10月8日に更新されていました。和歌山県(太地)のオキゴンドウの枠が21頭増えています。沖合の群れが見つかったという理由でオキゴンドウの捕獲枠が増やされてから、一度も捕獲実績はないのですが。

まあ、「なお、鯨種別捕獲枠は、関係道県の要望や関係道県間の調整の結果により、許容捕獲頭数の範囲内で漁期中に変更することがあります。」

と但し書きにあるので、変更もありなのですが、実際にどこの要望で何を増やしたのか、もっときちんと示すべきではないかと思います。

https://www.jfa.maff.go.jp/j/whale/attach/pdf/index-55.pdf?fbclid=IwAR1QCOrJHhO_KlZ7Sqn3ppt5Q1CmIZ9H-uO2mM2SbwiB2eTJAHtIWmttAOg

« 沿岸の生物多様性とクジラ | トップページ | イルカ猟が始まる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。