« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月29日 (木)

スロベニアに向けて (1)

  ヨハネスブルグでCITESが開催されている。
 今回の大きなトピックは何たってゾウだろう。IUCNによると、アフリカゾウは、この10年間で11万頭も減少したという。ハワイで開催された世界自然保護大会では、象牙の国内流通を規制する決議が採択された。日本はこれに反対したことは周知のことだが、CITESでもおなじ展開になりそうだ。世界最大の消費国の中国が国内流通禁止を決めて、国際的な流れに乗っかっているのに対して、日本はヒール街道まっしぐらではないか。
 象牙の取引に関しては、1989年の禁止決議が、日本の’活躍’で早々に破られてしまったことが悔やまれる。1992年京都で開催された条約会議では、いわゆる日本+南部アフリカの持続可能派と、東アフリカの諸国での攻防が行われたのを実際に見聞きした。その時はケニアと共に強力な保護の側だったタンザニアは、この5年間で生息するゾウの60%が殺されたというのに、その事実さえ否定し、持続派になっているようだ。
日本は、「きちんと管理されている国からしか買っていないから大丈夫」と主張してきたが、NGOの報告でそうでないことが明るみに出ている。聞いた話では、きちんと管理、運営するところに必要な予算など行っていないから、もともと管理など出来ない相談だとも聞く。できるといったんだから、それなりの予算を確保して徹底的な管理をしなさいよ、できないなら悪うございました、と謝って、禁止に同意しなさいと言いたくなる。
環境省の弱腰は情けないし、業者保護を優先する省庁に主導権を持たせることでいいことは一つもない。

ゾウの絶滅危機に関しては、すでに海外ではガーディアンなどで知っていたが、今回、朝日新聞現地特派員の三浦英之さんという方の現地取材に基づくツイートが秀逸だと思った。
http://togetter.com/li/1029454

 海の生物で言えば、クジラ類や最近ではサメといった日本の’水産物’留保に関して、なかなか国内の関心を呼び起こせないままでおり、いくら国際的に縛りがあるとはいえ、日本の市民として責任を感じざるをえない。なんたって、クジラ類の留保は、国内議論なしに30年以上もそのままで認知度も低い。国際的には絶滅危惧種と認識されているナガスクジラの輸入も、国内ではあまり問題とされていないくらいだ。クジラのダウンリスティング提案は却下されたようだが、今後やはり留保問題の透明性を高めて、議論していく必要がある。

 国際取引に関連して、この十月に始まる国際捕鯨委員会(IWC)での気になる議論がある。
一つは、先だってブログにも書いた「食料安保」の件である。「在庫あまり」が国際的にも有名になってしまうと、日本国内で捌ききれない鯨肉を、飢えている国にやればいいという話もでている(沿岸捕鯨と食料安保としての南極捕鯨)。前回、ガーナなどのアフリカの何カ国が、クジラも食料の一部として認識すべしという提案を行っており、今回も修正した決議案を提出しているようだ。内容的には曖昧なものだし、本気度はイマイチなので、それほど問題にすべきではないのだろうが、鯨害獣説の予想外の広がりという前例もあることだし・・・

 本ブログにも書いたことだが、1昨年の第65回本会議において、日本はまた沿岸小型捕鯨に関する提案を行った。これまでの「緊急救済枠」のお願いと異なり、日本政府の言い分は、ミンククジラの評価も済んだことだし、モラトリアム決議(10e)は捕鯨の禁止ではなく、科学的に正しい評価が出るまで捕獲枠がゼロだということだから、利用してどこが悪い?という居直りともいうべきものだ。
 議論が進んでいくと、実は、この枠の案にいくつも選択肢があって、最終的な結論まで至っていないのに、その中でも取れる数の大きなものを選んだということが、オーストラリアによって暴露されている。それでも、これまでとは違って取れる枠は17頭なので、これまで提案してきた100頭とか150頭の救済枠と比べ少ないし、沿岸捕鯨基地4カ所でどのように分けるつもりか、採算があうのかという話となるとあまり本気ではないような気がするものだ。
 
 日本の提案は否決されてしまったが、日本はこの10eの解釈について次回までの宿題にしようと提案し、会議後に質問状が参加国に送られ、その回答に対して、日本がコメントを出している。その議論がかなりのすれ違い、要するに、’持続性について科学的に評価がなされ、数も示されたのだから、やってどこが悪い?’ という科学委員会の助言根拠一直線の日本と、商業捕鯨全体の再開にもつながる沿岸捕鯨をそのまま認めることはできないという反対国との決して交わらない意見のやり取り。
https://archive.iwc.int/pages/view.php?ref=6200&search=%21collection24471&order_by=relevance&sort=DESC&offset=0&archive=0&k=&curpos=13&restypes=
 
 日本としては、(内容はともかく)勇ましく戦ったという実績が示されれば必要な予算が取れるわけだから、「原理・原則」を貫くことが何より大事なのだろう。これが十月にまた行われるのかとちょっと気が重い。
 

2016年9月15日 (木)

シャチの繁殖・繁殖を禁ずる州法成立ーカリフォルニア

 太地で、大掛かりな繁殖場を計画しているという問題は前回書いたとおりだが、今日の、カリフォルニアが、シャチの繁殖や飼育を禁止する法律を成立させたというニュースが。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/35089072.html?tag=cbox;showbiz

 「(CNN) 米カリフォルニア州で13日、シャチの繁殖と飼育を禁止する全米
  初の州法が成立した。
  法案は数年間に及ぶ議論の末に可決され、この日にブラウン知事が署名した。
  来年から施行される。
  救護や研究以外の目的でシャチを飼うことを禁止する内容。州内ですでに
  飼育されているシャチは対象にならないが、6月以降は「教育的」なプログラム
  だけが認められ、従来のような曲芸ショーには出せなくなる。
  可能な場合はシャチを野生に返すことを奨励し、違反者には最大10万ドル
  (約1030万円)の罰金を科すとしている。」

前々から、州沿岸の委員会が勧告を出していたが、いよいよ、州法としてみごとに実ったわけだ。
鯨類の繁殖は、これまで種の保存としても役割を果たすという口実を使われたりしてきたが、いかにそれがいかがわしいものなのか、もう一度考える良いきっかけとなるだろう。

森浦湾も、繁殖工場ではなく、イルカ解放のためのステップとしてのサンクチュアリに!

2016年9月 7日 (水)

森浦湾をイルカのサンクチュアリに!、だって?!

知人が教えてくれた情報。

「和歌山太地町、来春にも大規模イルカ繁殖研究へ…国際的批判の「追い込み漁」依存度減らす」
http://www.sankei.com/west/news/160907/wst1609070009-n1.html

森浦湾については、6月に国立ボルチモア水族館の発表を見て、どうぜなら、これまで飼育されてきたイルカをリハビリし、リリースできる個体はいずれ解放ステップとしてのサンクチュアリにしたらどうだろうか?と頭の片隅で考えたことがあるのは事実。

しかし、今回のニュースでは、仕切りに放すのは同じだとしても、繁殖するための言ってみれば、イルカ製造工場。しかもバンドウイルカを新たに100頭も捕獲して入れるそうだ。なんという非道な計画。

これを産経の記者は何を勘違いしてか、この6月にボルチモア水族館が2020年までに達成するとしているイルカサンクチュアリ構想を、同じ、つまり繁殖研究だと思っているようなのだ。

中見出し:「米国ボルティモアの水族館も同じ構想…「実施例ない規模、世界初」」

これを見て、もしかしたら大方の日本の記者さんたちには、その違いがわからないかもしれないという恐怖を感じた。


http://foxbaltimore.com/news/local/national-aquarium-to-create-first-of-its-kind-dolphin-sanctuary

2016年9月 4日 (日)

水族館で活躍するイルカも日本から・・・ 

  9月1日のイルカ猟解禁日に合わせてあちこちの日本大使館前で抗議行動が行われていることをご存じないのか?それとも、わざとなのか? まあ、わざとであってもおかしくはないが。しかし、一方でこの読売の記者は何考えているのだろう???

露唯一の国立水族館で首相「イルカも日本から」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160904-OYT1T50005.html?from=ytop_main1

    【ウラジオストク=寺口亮一】安倍首相は3日、ロシア極東ウラジオストクに新たに建設された同国唯一
   の国立水族館「アケアナリウム」の開館式にロシアのプーチン、韓国の朴槿恵パククネ両大統領とともに出席した。

   首相は、式典のあいさつで、水族館建設に日本企業の技術が導入されたことを説明し、
   「水族館で活躍するイルカも日本から来たものだ」と紹介した。今後、日本からペンギンを提供する計画
   もあるという。

   水族館建設は、極東開発を重視するプーチン氏の肝いりのプロジェクトで、首相には、プーチン氏との
   信頼関係を温める絶好の機会になったようだ。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »