2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「大型哺乳類との共存に向けて」を聞いてきた | トップページ | イルカ捕獲枠 »

2016年8月 2日 (火)

追記:アクティブラーニング?

 7月23日のシンポジウムは、2大学の交流学習をベースに、3つの議論を呼び起こしそうなテーマをめぐっての、学生たちによるパネルディスカッションの試みだった。もちろん、議論には、賛成派と反対派が存在する。
今はやりのいわゆる「アクティブラーニング」と呼ばれる形式なのだろう。
 しかし、前のブログに報告した通り、この賛成、反対はかなり限定的な情報と考え方を土台とした、行き先が見える議論だ。もちろん、担当する教師による評価に関係してくることでもある。
 多分、ゴリゴリに教えこむより、より効率的に思想教育ができる危険性がある学び方だと感じた。
 
 

« 「大型哺乳類との共存に向けて」を聞いてきた | トップページ | イルカ捕獲枠 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。