« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月15日 (水)

イルカ飼育の次のステップ?

  飼育下の野生動物を、本来の環境、あるいはそれに近い自然の中に解放し、動物たちをその元々の生態に戻す努力をしようという動きが活発化してきている。ゾウ、霊長類のいわゆるサンクチュアリが生き物を愛する人たちの努力によって設置されている。日本にも、熊本にチンパンジーのためのサンクチュアリがある。
そのような中で、やっと、クジラ類のサンクチュアリ計画が始まっている。水族館施設というのは、人工的な構造物だけでなく、生活環境である水そのものが人工的であることから、対象動物にとってより過酷な環境であるとも言える。

アメリカ、ボルティモアにある国立の水族館が、2020年までに、飼育下の8頭のイルカたちを海を仕切ったサンクチュアリに移すという。20年以上人工的な施設で飼育されてきたイルカたちが今後どのように元の生活を取り戻せるか、課題は様々あるだろうが、まずは最初の重要なステップとして見守っていきたい。

https://www.washingtonpost.com/local/national-aquarium-dolphins-will-leave-baltimore-for-seaside-sanctuary/2016/06/14/4351fe64-3225-11e6-95c0-2a6873031302_story.html


  翻って国内を見れば、昨年のWAZA/JAZA騒動から何を学んだのか、とにかく繁殖技術を向上させて、飼育するイルカを確保するか、JAZAを脱退するかという2択で進んでいるような気配である。
しかし、提起されている前提にあるのは、イルカを野生から引き離し、人工的な施設に修正閉じ込め、曲芸させるこ
とが教育的などうかという問いかけである。
 先日あった、イルカに関する研究会でも、残念ながら、この根源的な問いかけは問題とされず、結果的にはイルカショーが水族館の維持のために必要であり、追込みは酷いが、繁殖技術向上やストランディング個体の保護などで飼育を続けることが良しとされていた。
みなさん既にご存知のように、2007年カマイルカの捕獲枠は、水族館によるストランディング個体の飼育が日常化していたことを是正(?) するために付けられたのだが。

2016年6月10日 (金)

TED油濁事故の毒の代償:スーザン・ショー

 ずっと気になって来た事象についての悲しい現実を見る。
海の生き物たちはどうなるのか?そして私たちの将来世代は?

http://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20160603-00000925-ted

翻訳
私は海洋毒性学者です メキシコ湾の現状を大いに心配しています 特に 大量に使用されている 有毒な分散剤 コレキシットについてです 私は海洋汚染について 長きにわたり 研究を行い 海洋生物 特に海洋哺乳類に 及ぼす影響について 調べてきました 研究の結果 海洋哺乳類は 私たちが莫大な量の有害物質を 年々注いでいる 食物連鎖の一番上に 存在していることが分かりました そしてその哺乳類たちは こんな状態です こんな悲しいスライドで 胸が痛いですが 世の中全てが幸せなわけではありません 私の分野ではなおさらのことです 海洋哺乳類の体には 数百種類ものあらゆる有害な化合物が 蓄積されていて 深くショックを受けます そして 世界各地の 何万もの海洋哺乳類が 着実に絶滅に向かっています 彼らの約3分の1程度が 30年以内に絶滅すると 予測されています〔・・・〕

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »