« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月23日 (土)

乱獲による魚の減少は想像を超えているらしい

 違法な漁獲や小規模な漁獲が各国の報告に含められていないなどで、この半世紀の間にFAOがこれまで認めていたよりもずっと多くの魚が漁獲されてきたという新たな評価が。

「Overfishing causing fish populations to decline faster than thought, study finds」
New assessment shows the world has been taking far more fish out of the ocean over the past half century than admitted

http://www.independent.co.uk/environment/overfishing-causing-fish-populations-to-decline-faster-than-thought-study-finds-a6821791.html

2016年1月21日 (木)

共同_日経:日本の調査捕鯨に根拠なし 米などの科学者ら32人

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20HA1_Q6A120C1000000/

共同_日経:日本の調査捕鯨に根拠なし 米などの科学者ら32人非難声明

 日本が南極海で再開する調査捕鯨には科学的な根拠がないと非難する声明を、
国際捕鯨委員会(IWC)の科学委員会に所属する米国やニュージーランドなど
の科学者ら32人が連名で21日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 声明は「日本は科学的調査が目的だとしているが、調査捕鯨が科学的なのかに
ついて第三者による十分な評価を経ていない」と批判。クジラを殺すことのない
手法で調査を代替するよう求めた。[・・・]

***********************************************
一方で、捕鯨対策のH28年度予算は51億円と途方もなくふくれあがっていて、現在の捕鯨班をどうも拡張するらしく、捕鯨対策室なるものもできるということである。
http://www.maff.go.jp/j/budget/pdf/28_kettei.pdf

「今来たこの道かえりゃんせ」

2016年1月20日 (水)

プラスティックゴミ、2050年に魚の量を超す見込みだって

CNNによるニュース。

 いま、海ゴミ問題は海に住む生き物すべてはもちろん、ヒトにとってもとても深刻な問題だと思う。
リサイクル率向上だけではなく、そもそもプラスティック利用そのものの見直しが必要ではないだろうか、と古い人間は思う。
容易に手に入り、便利なばかりに街に氾濫するプラスティック製品。必要のない安価な容器、生活用品、おもちゃなど、深く考えもせずに使っていることが多いのではないだろうか?
(プラスティックのすぐ壊れてしまうようなおもちゃを買い与えるおとなを痛罵する私を孫が戸惑って見ているのは、一応知っているのですが・・・)


http://www.cnn.co.jp/business/35076480.html?tag=cbox;business

「海を漂うプラスチック、2050年までに魚の量超す見通し」
2016.01.20 Wed posted at 11:49

 スイス・ダボス(CNNMoney) 世界経済フォーラムは19日、
世界の海を漂うプラスチックの量は、重量換算で2050年までに魚の
量を上回るという予測を発表した。
世界で使われるプラスチック素材の量は過去50年で20倍に増え、
今後20年でさらに倍増が見込まれる。用途は容器が大半を占めるが、
回収されてリサイクルされるプラスチック容器は14%のみ。再利用率は、
紙の58%や鉄鋼の90%に比べて極端に低い。
プラスチック容器のほぼ3分の1は回収されずに自然界などに
流出している。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »