« 飼育された鯨類の野生復帰は可能か? | トップページ | イルカ飼育に関してー今後の課題 »

2015年5月21日 (木)

イルカ飼育に関して

 昨日、世界動物園水族館協会(WAZA)に絶縁状を突きつけられていた日本動物園水族館協会(JAZA)が、イルカ追込み猟によるイルカの購入を断念し、WAZAのメンバーに留まると、採決の結果決めた。
イルカ猟がどうかというだけでなく、野生から動物をもってきて展示するというのがすでに時代遅れなのだから、当然の結果だといえる。また、報道をいくつか見ると、イルカというのは「教育目的」というよりも、客寄せの目玉だから困ったという本音がはっきり出ていて、そういう飼育施設のあり方への警鐘にもなってくれればいいな、と(それほど期待しているわけではないが)思ってもいる。
 ICJに続き、国内世論ではなく、国際世論で決定してしまった今回の結果については、まだまだ解決しなければならない今後の課題がいくつかある。国内で、冷静な議論が起きることを願っている。

・ショーによる客寄せ目的である事がはっきりした今回の件だが、(野生からもってこられなければ)繁殖すれば解決するのか。狭い水槽での飼育は改善されるのか。(問題がイルカ捕獲の方法論に留まらず、飼育における動物福祉の観点は議論されるのか?)→飼育展示の規準(環境省)の見直しはされるのか(かつて規準改正議論で、イルカ猟について問題提起したところ、水産資源だから〜と環境省が逃げた)。

・太地におけるイルカの生体販売は、赤字の太地公社にとって救い主であった。今後、脱退しても捕獲は続ける(海外への輸出など)だろうと思われる。いわゆる生け捕りの問題だけでなく、イルカ猟そのものについて、「伝統」という修飾語に惑わされずに議論する必要がある。捕獲による地域個体群への影響についての科学的な調査(国際的に信頼される透明性のある)、それに基づく関係者による合意形成の努力などには、国内世論が必須。

・カマイルカに2007年捕獲枠がついたのは、それ以前に水族館において100頭あまりの「保護個体(定置網などに引っかかったもの)」が飼育され、施設間の譲渡が行なわれて、本来の一時的な保護ではなく、飼育施設で一生を送る事になるものが増え、水産庁と動水の協議で枠を設定することにしたと聞いている。今後、こうした「保護]個体が増えることはないだろうか?

・動物園や水族館の水準アップが今回の事件で可能になるやも?

朝日新聞5月21日より:
「JAZA前会長の山本茂行・富山市ファミリーパーク園長の話 日本の水族館や動物園は、太地町か ら安くイルカが手に入れられるので保全への取り組みを棚上げしてきた。WAZAは、2005年に 世界動物園水族館保全戦略をまとめ、自然から生物を収奪するのではなく、自然保護センターとして の役割を水族館が果たしていくことを求めた。

 欧米では、野生の生き物を捕まえて飼い、ショーをするということを否定する動きが強まっている。 イルカなどの海洋生物は頭がいい生き物ととらえている。そういう世界の動向を分析し、日本の戦略 を構築することができていなかった。

 イルカショーは、イルカ本来の行動や習性を伝えるものだったのか、ただの見せ物だったのか。国民 の水族館に対する意識も問われる。海洋生態系の保全は国際的にますます重視されつつあり、イルカ は問題の一端に過ぎない。」


 

« 飼育された鯨類の野生復帰は可能か? | トップページ | イルカ飼育に関してー今後の課題 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195834/61623023

この記事へのトラックバック一覧です: イルカ飼育に関して:

« 飼育された鯨類の野生復帰は可能か? | トップページ | イルカ飼育に関してー今後の課題 »