« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

国際司法裁判所判決

 まあこんな風に出るとは思ってはいなかった.判決はJARPA IIの計画が、ICRW8条の求める科学性に合致していないから、日本は許可を出しては行けないという含みのあるものだ。
 報道は日本の調査捕鯨が科学ではないと全否定されたというような書きぶりだが、実際は、この計画が…ということで、もし別に科学的な計画を作るつもりならできるよ、ということだ(致死的調査の存在も認めている)。
 今後、日本政府がどう出るかはまだわかっていない。実際、捕鯨推進の人たちは規模縮小してやろうと言っているようだが。
 私たちとしてここでもう一度はっきりとさせておきたいのは、すでに日本国内でさえ、南極で商業捕鯨をしたいという企業はないのだということだ。つまり、科学調査をする目的(商業捕鯨が可能かどうか)をすでに失くしているのだ。もし、南極で持続的に捕鯨をするとすれば、赤字を覚悟でやらなければできない。捕鯨推進が国営でやってほしいというのは、つまり、税金を投入して採算の合わないところを補ってほしいということだ。何と馬鹿げたことだろう。
 日本政府はこれまでも散々どうすれば赤字を埋められるか苦労してきたのだ。せっかく作ってくれた良い機会なので、きっぱりとやめてほしいものだと思う。

ICJ

JARPAの科学性を認められたが、JARPAIIに関しては、計画通りに実行していないし、捕獲数に疑問があるので、日本政府は許可しないようにと言っていたように聞こえました。
日本は、計画再提出でしょうか?断念でしょうか?まだわかりません。

アイスランドから2000tの鯨肉を輸入–ICJの結果予想準備か?

 アイスランドから、カナダを経由して2000tのナガス鯨肉が輸入されるらしい。ノルウェーからも300tほどのミンククジラ肉を共同船舶が入れるというニュースもあり、これまでちびちびと入れてきたところが結構大量の輸入量、下手すれば国内需要をほぼ賄ってしまうほどだ。

 これが今日出る予定の国際司法裁判所の判決を見越しての事かどうかは推測の域を出ないが、判決の如何に関わらず、調査捕鯨は実質縮小されている。
 これが、妨害(殺されるのを阻止した?)による結果だという人もいるだろうが、これまで私たちがニュース等で流してきた一連の動きを見れば、余剰鯨肉をさらに増やす事が利益にはならない事は歴然であり、止められることを捕獲数が少ない事のいいわけにして格好を付けてきたというのが私たちの考えだ。

http://ika-net.jp/images/pdf_files/kekgssmcshg2012dec.pdf
http://ika-net.jp/ja/ikan-activities/whaling/250-sluggish-sales-of-whale-meat
http://ika-net.jp/images/pdf_files/moukarugyogyou2013apr05.pdf

 実際に、日本は「もうかる漁業」という漁業者救済のシステムを使うことで9割の赤字(朝日新聞によると45億円)を補填させ、南極海での捕鯨はもうからないことを証明してしまった。
 そういう意味ではオーストラリアのいい分である「調査捕鯨は商業捕鯨」というのは妥当さを欠くかもしれないが、いずれにしても日本のいう調査が何を目的としているかというところでは、やる事が目的であり、それ以上でも以下でもないというしかない。そういう意味では、’科学的なコト’をしているからといって必要な科学というわけでもない。なぜなら、もう南極海での商業捕鯨は誰もやらないだろうから、そのための殺す調査はいらないのだ。

 判決はどう出るのかはわからないが、少なくとも私たち日本にいるものにとってはこうした税金の投入のしかたというのは無駄であり、今回の裁判をきっかけに、即刻やめるべきという共通認識の出来る事を願う。


 

2014年3月26日 (水)

そろそろ国際司法裁判所の判決が

 3月31日にいよいよ国際司法裁判所の判決が出ると、何となく周辺がざわついてきた。
大方の意見では、どっちもどっちだか、どっちにも一理あるのだか分からないが、グレーの判決ではないかというものが多いようだ。
 日本の調査捕鯨について、国際的にどのような決定が出るにしても、どのみちこれまで私たちが主張してきたように、私たちに取っては「百害あって一利なし」なのだが、税金の無駄遣いはなにも調査捕鯨だけに限られるものではないのだし、嘘も方便という使い勝手のいい言い訳だって珍しいわけでもないというなんだかどんどんいびつが当たり前の国のあり方になってきているのが怖い。

 そこを行くと、ラテン諸国は相変わらず威勢が良くて、ICJに10万人署名を送ったりしている。こういう事を記事化するところがあってもいいな。

http://www.cerocazadeballenas.cl/index.php?idioma=eng

Public Statement in Defense of Whales, the Principles of Scientific Research and Peace in Antarctic

In relation to the historical ruling the International Court of Justice will deliver on March 31, 2014 in the case Australia vs. Japan on “scientific” whaling in Antarctica, the people of the world who adhere to this statement affirm that :

1. The so-called "scientific" whaling program conducted by the government of Japan is only a cover for commercial whaling operations that violate the global moratorium. This is demonstrated by the commercial scale of the catch quotas, which are set by factors other than scientific research such as the capacity of the Japanese whaling fleet to process meat and whale products.

2. "Scientific whaling” operations conducted by Japan in Antarctica also infringes the integrity of the Southern Ocean Sanctuary that provides protection for all species of cetaceans independent of their conservation status. The sanctuary was created in 1994 with the support of all members of the International Whaling Commission (IWC) except Japan.

3. “Scientific whaling” is an exceptional measure under the IWC, aimed at answering fundamental questions regarding the conservation and management of whale populations when no other research methodologies are available. Although today there are many non-lethal research alternatives, Japan has removed more than 14,000 whales from the Southern Ocean Sanctuary without generating any scientific information to answer these questions.

4. Japan’s "scientific whaling" program does not meet the minimum standards to be considered a scientific research program. It is limited to the random lethal sampling of whales without a hypothesis to establish clear goals and define appropriate procedures to assess their compliance.

5. The Delegation of Japan at the International Court of Justice was unable to explain how "scientific whaling" quotas are calculated. The only witness presented by the government of Japan declared he ignored this procedure. Also, he strongly criticized the inclusion of humpback and fin whales and affirmed that such permits should not exceed a quota of 10 whales per year. This aspect should be enough for the Court to dictate the immediate cessation of whaling operations in the Southern Ocean Sanctuary.

6. The ultimate goal of the government of Japan and the Japanese whaling industry is the resumption of commercial whaling operations at an industrial scale in the Southern Ocean, an area that has special mechanisms for protecting marine biodiversity under the Antarctic Treaty and the IWC.

7. A ruling in favor of Japan would mean de facto elimination of the Southern Ocean Sanctuary, which would represent a dangerous precedent for the gradual decline of existing marine conservation measures in Antarctica as well as the etchical principles of scientific reasearch programs.

8. Since the government of Japan believes that no State or organization may interfere with the issuance of "scientific" whaling permits, a favorable ruling by the Court to that country would set a serious precedent, as it would allow any member of the IWC to grant itself “scientific whaling” quotas without any supervision or control, even for endangered species.

9. The control system of the International Whaling Commission (IWC ) is collective , meaning it requires the cooperation of all its members to meet its objective of conserving whale populations. A country cannot unilaterally act independently of the provisions of the IWC, as the government Japan seeks to legitimize in the International Court of Justice.

The International Court of Justice has the historic and enormous responsibility of defining what constitutes real scientific research activities. This is the first time the Court address a dispute related to the conservation of biodiversity. Therefore the verdict of the court will have profound implications for international environmental law, marine governance, development of scientific research programs and the future of thousands of whales and other marine life.

For these reasons and as citizens concerned with the alarming loss of biodiversity and the destruction of marine ecosystems, we make an urgent call to the International Court of Justice to defend marine life, the ethical principles of scientific research and the bases of marine governance to safeguard peace, international cooperation and conservation of biodiversity in such a special and unique territory as Antarctica.

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »