« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月17日 (火)

ブラックフィッシュ

 ブラックフィッシュというドミュメンタリーが海外で話題となっている。
この10月25日にCNNでも放映され、議論を巻き起こしてきた。

 ブラックフィッシュというのは猟師や先住民の人たちが使ったシャチの古い名前で、映画の中心は2010年2月にアメリカのシーワールドで起きたオスシャチのティリカムによるトレーナーの死亡事故をめぐるものだ。シーワールドはこの件でアメリカの労働安全局(OSHA)に訴えられ、飼育者のシャチへの接近の禁止や罰金として7万5千ドルの支払いを命じられた(その後更なる裁判で減額)。

 映画では、ティリカムの出自(アイスランドで1986年捕獲された)と他の2件の死亡事故に関わること(しかし、オスとしての「優秀さ」=繁殖能力ゆえ、水族館が手放したがらなかった)の他に、シーワールドや最初に入れられたカナダのシーランド・オブ・ザ・パシフィックの元トレーナーたちの証言をもとに構成されている。それぞれが、シャチを愛する故に、自分の過去を反省し、シャチの解放を願っているところがなかなか感動的だ。
 また、スピードボートや小型飛行機、アザラシ爆弾を使った1970年代のアメリカにおけるシャチ捕獲の貴重なフィルムもあり、シャチという野生動物を人工的な施設で飼育することの問題点が次々に語られ、派手さはないものの、説得力のあるものとなっている。独立フィルムを集めたサンダンス映画祭でドキュメンタリー賞を獲得、現在アカデミー賞にもノミネートされている。

 最近、この映画をもとに、面白い事件が起きている。シーワールドで来年開催されるコンサートに出場するはずだった音楽家たちが次々とキャンセルし出したのだ。その中には、カントリーの大御所、ウイリー・ネルソンとか、ハート、チープトリックなども含まれる。

http://www.dailykos.com/story/2013/12/16/1263161/-breaking-SeaWorld-just-lost-38-Special

シーワールドのシャチを使ったパフォーマンスのど派手さ、騒々しさは想像を絶するものがあるが、一方でこうした野生動物を飼育・展示することへの批判も日に日に強くなっていることは確かだ。
日本の漁業関係者が、将来のためにも、安易に供給者とならないでほしいと願っている。

2013年12月16日 (月)

くじらの海構想

 しばらく間が空いてしまったが、12月4日から訪問した太地で、三軒一高町長と意見交換したくじらの海構想について報告する(もし、この中で、彼の発言に書き間違いがあればそれは私の責任である)。
 くじらの海構想については、これまでも何回か新聞などで報道されてきた。その中で見えたことでも私たちが元々反対する鯨類飼育・繁殖という問題性のみならず、いろいろと矛盾をはらんだ今後の展開が懸念される計画だと感じていた。9月にAFPの電話取材を受けたときから、実際にこの目で現場を見、計画者の考えを聞きたいと思ってきたが、それがやっと12月になって実現したというわけだ。
 
 その報告をする前に、まず時間を割いてくださって、丁寧に説明し、質問に答えてくださった太地町の三軒一高町長に感謝を申し上げたい。

<合併問題と町の自立>
 三軒町長の説明は、9年前に持ち上がった太地町の合併問題から始まった。
 20年近く前に始まった全国町村合併の進行の中、人口3,500人弱の小さな町である太地町も、隣接する那智勝浦との合併問題が持ち上がっており、当時の町長は合併支持を示していた。しかし、町長によって実施されたアンケートでは、合併反対が賛成を上回り、町長は辞職を余儀なくされた。小さな町が比較的大きな町に統合されるのは、合併ではなく吸収だと反対する声に押され、三軒町長が町長選に出たときは、選挙の10日前だったと言う。

<鯨類資源の利用を柱に町づくり>
 小さな町の自立は、太地のみならず多くの地方自治体においても容易ではなく、よほどのリーダーシップや特色がなければうまくいかない、悩みがつきないものだと思う。

 当選した三軒町長は、合併のかわりに傾きかけた町の財政を立て直す方策として歳費を削減(自分も含む議員の歳費の3割カットを実現)し、30年かけての町づくりの目標をたてた。それまでのくじら浜公園を中心としたクジラを観光の目玉とする方向から大きく踏み出し、鯨類をあらゆる面で資源利用し、推進することを選択したのだ。

 3億3千万円かけた鯨体処理場の建設(2008年)や学校給食への鯨肉の導入とその加工場建設、全国への給食の普及。「学術交流」と称してのくじらの博物館のイルカの海外水族館への輸出。赤字漁協の解散と新たな漁協の設立とその動きは慌ただしい。
 一方で、捕鯨を守る全国自治体連合協議会の会長として鯨フォーラムを運営(2006年フォーラム主催)、IWCに自らを含めて複数の町職員の参加など、その後の活躍は業界紙等でたどることができる。

 元々、彼は捕鯨関係者ではなく、父親の代からの真珠養殖を生業とする漁業者だった。しかし、すでに盛りを過ぎ赤字事業となった真珠養殖を捨て、それまで太地で連綿と続いてきた捕鯨を中心に、「古式捕鯨発祥の地」としての太地を強く前面に据えた。これは捕鯨推進コミュニティにとってもずいぶんと都合が良かったことだろう。よくも悪くも、彼の名前は日本の沿岸捕鯨推進の旗手として、たびたび脚光をあびることになる。地元出身議員の力添えもあって、中央との太いパイプもできた。

 太地を語る中で、しかし、繰り返し彼が強調したのは、「環境と衛生に配慮し、弱者に優しい町づくり」だ。高齢者の割合が35.9%という高い比率の中で、高齢者や障害者への地域ネットワークサービスや低床循環バスの運行、環境に配慮した公衆トイレの整備など、高齢者の人気は高いと聞く。

<森浦湾のくじらの海構想ー世界に誇るクジラ研究センター>

 今回の構想の中心は、「世界に誇れるくじら研究施設の創設」だと彼はいう。捕鯨も反捕鯨もない、世界中の研究者を招聘し、世界に誇るクジラ研究のセンターを作る、というのが彼の夢だ。また、そうした研究を支援し、貢献するため湾に仕切りを設けてたくさんの鯨類を飼育し、繁殖を行う、ともいう。すでに、いくつかの大学から問い合わせもあるという。
(2001年のアエラの記事、「定置網にかかったミンククジラを救出して、養殖する。設備として50~60億の建設費がかかる」について聞いてみたところ、あれは今回の計画とは違うといわれた)

 世界的には、野外研究が主流となっていて、鯨類飼育に関しては否定的な研究者も多いのでは?という質問には、今すぐにとは言えないが、いずれは(自分自身としては)仕切り網も解いて、出て行くものは出て行っても良い環境にしたいという。この点は、繰り返し強調していたことを付け加えておこう。

<イルカ猟について>
 ちなみに、イルカ猟について言えば、(映画「TheCove」による)'変な誤解'があるようだが、別に町が殺したいわけではなく、国が枠を提示し、県が許可している事業なので、もし町内にそれに従事したいというものがいるなら町として応援しなければならないという立場ということで、一応はもっともに聞こえる。一方で、「逃がす」という選択をイルカ猟師に迫ったということも繰り返した。
 「古い」人たちは網にかかったものはすべて殺したい気持ちがある。しかし、この9月も、バンドウイルカを追い込んだとき、生け捕り以外は離すようにと掛け合ったということだ。やっとみんな分かってくれるようになったと彼は言う。(もっとも、私がイルカ肉が売れなくなったからだと思っていたのだが、と言う問いには、ただ、年寄りはなかなか逃がすということを受け入れられない、と答えたが。
 実際、このところイルカの肉用浜値は2万円台で、生け捕りの80万~90万円とでは開きがありすぎる。イルカ猟師の生きる道は、ひとえに「生け捕り」にかかっているといえる。動物福祉に関する感覚の鈍い日本でこそ今は許されることかもしれないが、長続きする事業でもないと思える)

<鯨研との関係は>
 鯨研の行方が不透明な状態で、座礁クジラのデータの多くは下関に、そして鯨研の遺伝子サンプルは太地ということを聞いていた。彼はデータの保管に関しては、鯨研の鮎川ラボが津波被害を受けて保管場所がなくなったので預かっている、という。一方で、鯨研も今後はもっと予算が安くすむ太地に移ってきたらどうか、と理事の一人として提案している、ともいう。
 研究センター構想の母体はこんなところにあるのだろうか?’沈没しかかっている船=鯨研’の再建に、もしかしたら一役買うつもりでいるのかもしれないという感じは残る。

<くじらの海建設予算等について>

 28万㎡の湾を仕切って建設するための費用はどうするのか、と聞くとできるだけ既存の施設等を使って、町と公社、漁協等の業務の分担により、低予算ですます予定だと言う。それにしては調査費の1千万円は町の予算としては大きい。(パンフレットには、仕切り網は水産庁の補助金を使って、とあるが、水産庁予算はクジラ利用促進に関連する補助金で3千万円ほどだと後で人から聞いた)。
 湾で真珠養殖を実施してきた2業者とは、2年かけて話し合いがついた(無償で明け渡す)。昨年から実績のある(真珠業者が運営した)カヤックやクジラと泳げる海水浴場の設置で、およそ30万人/年の観光客を見込んでいる。大阪からの特急も来年から太地駅に停車することになっているし、勝浦での60万人の環境客の半分くらいは太地に来ると思うという。

 (季節が冬ということがあるのかもしれないが、私には、勝浦にそれほど観光客が来ているようには見えなかった。「浦島」など、有名なホテルにツアーで来ている客は、ホテル内で用をすませ、バスで移動し、地元商店街などには来ないと見え、5時過ぎにはほとんどの店が閉まってしまい、人通りも途絶える)

<森浦湾の環境など>
 計画では、自然再生を目指すシンボルとして、西側の湾の入り口の干潟再生(造成)がある。現在はプレジャーボートの係留場所になっており、がれきが散乱するところだ。干潟の北側(湾の出口側)には、クジラと泳げる海水浴場を作る。また、これまでカヤックの拠点であった三幸真珠の跡地に、湾内で飼育する鯨類の管理施設を建設、その管理は漁業組合で鯨類の管理は博物館がするという。
 反対側(旧グリーンピアの下)には遊歩道を建設する予定で、遊歩道予定地に面する小山の買収もすみ、椿などの樹林を作る予定であり、旧グリーンピアは全体の拠点になるようだ。

<全体をみると>
 湾を仕切って鯨類を離し、あるいは一緒に泳ぐということが果たして観光の目玉としてヒットするのか、ということが大きく関わってくる計画だ。一緒に泳いだり、ウォッチングするため海外に出かける人は結構いるのは確かだが、人工的に飼育されているところ、しかも、かなり都心から離れている太地まで、同じように人が来るのだろうか?という気がする。観光で成功しなければ、町政にとっては大きな打撃となるだろう。

(現在、博物館と公社で62頭の鯨類が飼育されているという。これを始めとし、100頭くらいまでと最初はいっていたのが、意見を交わすうちに62頭は多すぎるかもしれない、と漏らした。鯨類研究でも別の面からのインプットがあれば、計画の変更も考えられるのかもしれないと思った)

 同様に、世界に誇れるクジラ研究センターの建設は、現状を考えるとかなり難しく思える。どこかの誰かさんの野望によって、町がうまく利用されているんではないか?とさえ思えてくるのだ。
 
 一方、干潟再生を活かした自然環境の整備と言うのは時間がかかるが、それなりに長いスパンで考えると、町にすむ人にとって価値があるかもしれない。温暖な気候と明るい風景は、なによりの宝であるように思え、議論がこれほどかまびすしくなければ、引退した人などが悠々と暮らすのには適しているような気がする。

 けれども、外から人を来させる(反イルカ猟活動家だけでなく)ためには、もっと世界の流れに沿った計画を立てることが重要に思える。

 あえて太地を選んで来るメリットがどこにあるのか?と考えたとき、私には、これまで捕鯨の拠点であった太地がそれまでの遺産(美しい勢子舟など)を整備、紹介しつつ、同時に世界に向かってその転換を表現し、世界の共有財産であるクジラをどのように保全するかの旗手となることこそ、その道であると思えてならない。
 今回、くじらの博物館を訪れて、その展示内容が飛躍的によくなっていることを発見した。これは、三軒町町がニューベッドフォードから引き抜いてきたという桜井学芸員の努力の賜物だろうと思う。(最も、スジイルカの1ヶ月から出産直前までの胎児も展示にはちょっと引いてしまった。同じときに見ていた若いペアの男の子の方が「ひえ〜。どれだけ殺したんやろ!」と驚愕の声を上げていた)

 すでに、イルカ猟も、これまでのような水産資源としての役割を終了しつつある。また、小型沿岸捕鯨についても、唯一船の改造を果たし後継者も育て、一番の担い手であると思われた第7勝丸の船主が引退を表明したということからも、将来の方向が見える気がする。
(ちなみに、第7勝丸は漁協が無償で譲り受けた。これまで漁協が持ってきた正和丸は、網走の下道水産が買い取るという)

 広い海を移動し、国籍を持たない鯨類を、個人の所有物であり、業をするものがその生殺与奪の権利を保有していると考えるのはすでに古すぎると私は考えている。またこうした考えが、少数の意見だとも思っていない。
 太地の自立への努力に対して敬意を払いつつも、一刻も早く方向を転換し、世界に受け入れられる町として動き出すことを心から祈っている。

 

2013年12月 8日 (日)

調査捕鯨船団出航

 一部のニュースによると、勇新丸など3隻が昨日(7日)朝、下関港を離岸したようだ。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131207/trd13120712080010-n1.htm

因島の日新丸も出航したという情報があり、今年も例年通りに南極の調査捕鯨を開始する模様。
昨年は改修のために出航は年末近かったが、今回は2年前、3年前と時期的には同じ。
南極における調査捕鯨の是非を問う、国際司法裁判所の判決はまだ出ていない。来年早々まで延びるかも、という話も聞いた。関係者にとっては、どのみちそんなものは関係ないところなのかも知れないが。

国会では、6日の秘密保護法の強行採決がまだ生々しいところ。どさくさにまぎれて、と思うのはわたしだけだろうか?

2013年12月 7日 (土)

情報が隠され、操作されるということ

 昨夜、与党により強行採決された秘密保護法に強く反対する。
 
 1987年に雑誌「オイコス」を出版し始めた目的の一つは、当時はまだ大手メディアが取り上げなかった市民の声を届ける場を提供することだった。地域の自然保護や環境保護団体だけでなく、女性問題、人権問題に関しても取材を行い、取り上げてきた。
 そのなかで、市民活動の努力の結果として、メディアが情報を取り上げ始めたことや、情報へのアクセス方法やネットワークの方法の変化などから、その役割が終了したと感じ、1996年に出版活動を停止したが、その中で情報が最も操作され、伝わりにくかった捕鯨問題に関してだけは、これまで発信し続けてきた。

 捕鯨の問題は、推進側の情報戦略が最も成功した例と言われる。当初取った戦略としての雇用問題が不発に終わったのち、伝統食文化を掲げて愛国心に訴えると同時に、大手新聞社編集部にシンパをつくり、旗ふりにいわゆる文化人を活用して、西欧の日本たたきというイメージを植え付けた。(国際ピーアールという広告代理店の内部文書にその顛末を見ることができる)

 クジラを食べる人もクジラそのものについても関心ある人が非常に限られていることもあって、こうした宣伝の効果は今でも生きており、いわゆる知識人やリベラルな文化人の中にもうわべだけで唱和する人たちも少なくない。また、メディアに関しては、それほど世論を喚起できる話題ではないために、大本営発表を鵜呑みにしてまとめればすむ問題でもあった。
 一方で、多少は苦労すれば、情報を拾い出しつなげて、ゆがみをいくらかでも正すという作業が出来ないわけではなかったので、できる限りそうした情報提供を心がけてきたのだ。

 いま、特定秘密保護法という希代の悪法によって、これまで拾ってきた少しばかりの情報も見つけ出すことが難しくなること、また、鯨類学入門講座における森下発言のように、都合の悪いところはすべて法を言い訳に’出さない’という選択が可能になるだろうことに愕然としている。さらに、捕鯨問題という日の当たらなかった片隅の問題だけでなく、いかなる情報も同じように操作され、ゆがめられても、そのもとの正しい情報を得る手段がなくなるということに強い懸念を覚えている。

 

2013年12月 1日 (日)

鯨類学入門講座受講報告

 11月4日から10、16日と3日間にわたって、東京海洋大学で行われた「鯨類学入門講座」を受講してみた。クジラに関する海外の事例などはいろいろとネットでも拾うことができてそれなりに興味を持ってきたが、(例:http://www.youtube.com/watch?v=CDr2zb78uOU)

実際に国内ではどんな具合かということは意外に知られていないのでは、という思いもあり、また、講演する人たちが何を考えているのかということも確認したかった。

 講師の面々は日本では一応名の知られた人たちだが、クジラの生態を専門としている人が見当たらない。

 唯一、生態に関連した話をされたのは一番始めの加藤秀弘教授だが、生態よりは進化についてが主な話題だった(最後の感想に、聴講した人から「もっと生態の話が聞きたかった」という意見があったらしいが)。

 他は、加藤研究室のお弟子さんのクジラの頭骨の話と海洋大に展示されているクジラ類の骨の紹介。
確かに進化の過程での後肢の痕跡とか、腰骨の話は興味深かったが、もう一方で、デイビット・スズキ氏から以前伺った話「花びらやオシベとメシベを顕微鏡で見て花を知ったと考えるのは間違い。花を総体として理解することは、花を分解することと同じではない」ということばを思い出す。

 IWC科学委員会議長を今年から務める北門利英氏の話は、ヒトがクジラを管理する手段をどのように高めていくか、という点であり、ヒトがこの世界を牛耳っている以上、欠かすことのできない非常に重要な課題ではあるが、それ自体はクジラはどんな生き物かと言う興味を満たすわけではない。

 ただし、彼が数式を示しながら、これを数式だと思うから理解できないかもしれないけど、今話したことと同じことを言っているのですよ、という説明で、理系に弱い頭にもその意味が少し理解できるようになったのは感謝であった。

 そのあとは、おおむね日本の水産管理技術に関連した話題(個体数推定の出し方–宮下富夫氏、水産資源管理–田中栄次氏)、日本の捕鯨と調査捕鯨の科学性・正当性(大隅清治氏、森下丈二氏、田村力氏)と資源利用についての話に終始した。

 まあ、それが日本的なアプローチですよ、と言われればそれまでだろうが、鯨類学というよりむしろ鯨類資源学+αという感じである。また、加藤教授の教室の研究のあり方では(実習は捕鯨船団に乗ったり、あるいは太地に出向いたり)、豊富な試料を得て、それに基づいたものがメインとなっているようだ。そういう立場からはもちろん、関連産業との関係も深くなるだろうし、なかなか客観的な批判もしづらくなるのではないか、と思った。

 聴講する人は、というと、年代的には高校生から老年までと多様だが、中には多分これから就職期に入ろうとい人や、大隅さんの「応援団」と思しき水族館や博物館関係者がきていたようだ。講演をおとなしく聞いて、議論は行わず、終了後に直接出向いて質問したり、名刺交換をする人もいる。疑問だらけであったのは私だけか?

 不快であったのは、水研センタ‐に移ってこれからIWC本会議でコミッショナーを務める森下丈二氏の話で、嘘はつかないが、肝心の点は話さないという私から見れば実に不誠実な話し方。
 たとえば、南極の調査捕鯨第1期についての科学委員会の評価はすでに2006年(だっけか?)に行われている(初期目的を果たし得なかったという不面目な結果!)のに、1997年の中間報告を取り上げて科学委員会から評価されている、と報告したり、2010年の妥協案についても、日本が激しく調査捕鯨の縮小に反対してつぶす一翼となったのに、「1頭たりとも取らせまいとするオーストラリア、ラテン諸国」が悪いのだといってみたり。

 あんまりだと思って講演の後に.挙手して2010年の時の日本の立場を聞いたら、今国会にかかっている例の法案のことを持ち出し、答えたら罪に問われるかもしれないから答えられない、と来た。(このような都合のいい逃げ道を作るのだな、と秘密保護法案の実習を見たような思いだった)

 ついでに、田村@鯨研に、今回の北調査でなんでミンクの捕獲は3頭だけなのかも聞いてみた。「出向時期が遅かったので、移動した可能性」がある」とか『自分としては別の餌場を見つけたという仮説を立てている」という答えが。だけど、今回の航路に、これまでミンククジラの目視調査及び捕獲していた海域は入っていないようなのだ。

 そうした質問は想定外だったのだろうか?
 


« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »