2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 水族館で生まれた子どもは・・・ | トップページ | 日新丸船団出港??? »

2012年11月27日 (火)

日本のイルカ猟

 やっと、2012/2013年のイルカ猟の捕獲枠を入手することができた。いつもは6月にもらうのだから、半年遅れということになる。

 毎年の捕獲数を押し上げている岩手県のイシイルカ猟は、今回もイシ型、リクゼン型それぞれに150頭減で、5726頭/6611頭だ。しかし、実際は、昨年3月の大災害からの回復の遅れがあると思われ、今年度実績は1月から今までで13927.10kgの報告。水産庁資源管理の部屋によると平均1頭の体重は90kgなので、それからすれば150頭前後まで落ち込んでいると思われる。

 今回は新たに注釈がついて、それによると捕獲実績のない県に関しては、捕獲がない限りは10年後に枠ゼロにする予定とある。青森のイシイルカ(8←前年10頭)、千葉のスジイルカ(32←40)、静岡のスジイルカ(28←35)、アラリイルカ(マダライルカ 181←227)がそれにあたる。
その一方で、実績のある和歌山県は、スジイルカとアラリイルカに関しては枠を維持する。オキゴンドウとカマイルカは2007年から10年間固定枠である。

 捕獲実績についての公表は2年くらいは遅れるので単純には言えないが、枠のほとんどを消化している(消化したい)と思われる種は、水産庁も要注意と考えているバンドウイルカとコビレゴンドウだ。実績のある太地の捕獲枠はそれぞれ、604(652)頭と161(184)頭でおよそ9%の漸減。
バンドウイルカは、水族館需要がなくならない限り、衰退する産業を支えていくもとになるだろう。
一般市民の賢い選択が求められている。

 一方、アメリカでは、ハワイ諸島周辺のオキゴンドウを絶滅を危惧される地域個体群として指定し、周辺海域での漁業活動など、関係者の危機回避措置を要請している。
http://www.hawaii247.com/2012/11/23/noaa-rules-protect-false-killer-whales-off-hawaii/

 
 

« 水族館で生まれた子どもは・・・ | トップページ | 日新丸船団出港??? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。