« お金は返ってくるの?こないの? | トップページ | 復興予算の使われ方ー衆院決算行政監視小委員会 »

2012年10月19日 (金)

調査捕鯨の予算は見直されたか?

毎日新聞 2012年10月19日夕刊
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20121018dde001040015000c.html
毎日:東日本大震災:復興予算問題 鯨調査費「見直す」 参院決算委で副農相釈明

「佐々木副農相は「(捕鯨業者が集まる)宮城県石巻市の復興に資する」などと
説明した上で、今年度予算では一般会計に変更したとして理解を求めた。」


毎日新聞 2012年10月19日 東京朝刊
http://mainichi.jp/opinion/news/20121019ddm003040104000c.html
毎日:クローズアップ2012:復興予算の参院委審査 疑問符付き事業、次々
 政府、野党に責任転嫁

「 平野達男復興相は「来年度予算は被災地の復旧復興に真に必要な事業に絞り込
んでいく。国会での議論なども参考にしながらこの方針で臨みたい」と表明。し
かし、今年度予算で一般会計に変更された農林水産省の調査捕鯨安定化推進対策
費を除き「見直し」が約束された事業はなかった。」

ー記事の一部引用ここまで

 復興予算の不適切な使われ方についての攻防は続いているなか、幕引きされてしまいそう
なものが調査捕鯨に使われた予算問題である。

 政府は毎年、一般会計から5〜7億円の調査捕鯨の補助金をつけてきた。
これが赤字財政の鯨研を救うのに不十分だとして使ったのが昨年の復興予算
22億8千万円だ。だから、今回問題とされたから「変更」されたものでは決してない。

 一般会計として水産庁が既に予算要求している金額は11億円。しかし、財務省が
なかなか首を縦に振らない状態のなか、水産庁が次の一手としてだしてきたのが
「もうかる漁業」の仕組みを使った鯨研の支援だ。

http://ika-net.jp/ja/ikan-activities/whaling/255-prftblfshryassprtforsrw

この計画内容がNPO法人水漁機構に掲載されると言われてから2週間余。いまだに
詳しい内容は公開されていない。復興予算問題が片付くまでは、公開できないの
では?と勘ぐってしまうほどだ。

 折角これまでがんばって復興予算問題を追及してきた毎日新聞が、昨日の農水副大臣の
答弁を追求しないまま鵜呑みにしてしまったことは残念でならない。ぜひ、この「もうかる
漁業」についても、追求してもらいたいものである。


« お金は返ってくるの?こないの? | トップページ | 復興予算の使われ方ー衆院決算行政監視小委員会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。