« イルカの捕獲、その2 | トップページ | 21日のシンポジウム »

2010年7月30日 (金)

「イルカと泳ぎたい???」

 太地の畠尻湾といえば、イルカが追い込まれてくる湾だ。最近は知らないが、この湾内でイルカと殺も行われてきた。夏場は海水浴場になっているという話は聞いていたが、これは少し悪乗りの気がしないでもない。

http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre7/20100729-OYO8T00562.htm

 ハナゴンドウというのは、マイルカ科のイルカで、大きさはバンドウイルカよりやや大きめ。通常は温帯や熱帯の深い海域を好むということだ。小型捕鯨、突きん棒、追込み猟で、畠尻湾のある太地のみ、毎年500頭余の捕獲が認められている。追い込みで捕獲し、隣のくじらの博物館で飼育している個体を、今回海水浴客誘致に使っているようだ。

 海水浴場でのイルカ「ふれあい」では、昨年の田辺市扇が浜が先輩で、昨年太地からバンドウイルカを2頭借り出し、海水浴客とのふれあいがヒットし、(そのうちの1頭はすぐに具合が悪くなって太地に送り返されるも)今年も企画継続のようである。こうした企画が増えて、イルカの飼育状況の悪化を恐れて昨年は扇が浜の責任者との
やり取りもあった。その成果、今回は「特設生けす」を海水浴場につくったようである。

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=193052

 動物の保護と管理の法律など海生哺乳類にはあってなきがごとくで、本来の生息環境と似て非なる狭い環境、人ごみと汚染にさらされた動物を見てどこがうれしいんだ? と思うが、こうした興業が成り立つというのは、一般の人たちの無知と無理解の支えがあったこそだ。

 もし展示せざるを得ないのであれば(いかなる理由が成り立つとも思えないが)、本来は飼育担当の学芸委員がその生態などを理解させるくらいのほんの些細な努力があってもいいのでないだろうか。博物館は一応文部科学省の管轄のはずである。

 

« イルカの捕獲、その2 | トップページ | 21日のシンポジウム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。