« 生き物を知ることーまもりたい意識を培うために 1 | トップページ | 日本沿岸のシャチ »

2008年9月29日 (月)

南極オキアミのこと 生き物のことを知り、まもる意識を・・・2

 25日の夜、文京シビックセンターで『地球温暖化と南極の生物多様性』~生態系を支えるオキアミ保全の視点から~というセミナーがあった。

 講師は、北海道大学の山中康裕さんと南極南大洋連合のリン・ゴールズワージさんで、まず山中氏が気候変動と海洋、特に南極の環境変化について語った。
 温暖化による氷の溶解で塩分が低下、海流の動きが変化すること、また二酸化炭素の増加により海の酸性度が高まり、生物が影響を受けるというあたりをPPTでわかりやすく話してくれた。温暖化は、南極の降雨(降雪)を増やすということも知った。

 リンさんは、元はオーストラリア政府の役人として南極環境調査に携わった方のようだ。
オキアミというものについては、これまでクジラなどの海洋生物の餌となる動物プランクトンというくらいの知識しかなかったが、今回の話で私はすっかりオキアミの魅力にはまった。

 南極オキアミは、エビの仲間だが、エビとは違うオキアミ目に属する。
 オキアミというと、うんと小さいものだと勝手に思ってきたが、実際は6cmにまで成長し、11年も生きるということを聞いて少し驚いた。南極オキアミの生物量は6500万トンから1億5500万トンにも上ると考えられ、ひとつの群れとして時には1㎥で10万匹も密集することもあるそうだ。
 このオキアミを食べるのは、クジラのほかに魚はもちろん海鳥、アザラシ、ペンギンなど南極に住む生物が直接間接にお世話になっている非常に重要な要となる種だ。

 オキアミは、日中に海面近くで植物プランクトンを食べ、夜に海底で糞をする。このときに、CO2を表面で吸収して海底に沈めるという温暖化防止を黙ってせっせとやってきたという。その量たるや、1年間で車3500万台分のCO2ということだから、あだやおろそかに出来ない。

 この南極オキアミが今危機に瀕している。ひとつは気候変動で南極の氷の状態に変化が出来ているから。冬の間、彼らは氷の下にいる藻類を食べてしのぐが、氷が少なくなるとこの藻類がいなくなり、南極オキアミの食べるものがなくなるらしい。(何でも冬の間に餌の量が減るに連れ、体が縮小するという特技を持っているという!)

 30年間の観測の結果、南極の海氷面積は40%も減った。また、冬に海氷の張り出す時期が遅くなり,その後退時期も早まっているらしい。
 あの南極の道化ものアデリーペンギンも最大65%も減少しているとも言われる。餌のオキアミの減少に加え、降雪量が増え、氷上に作る彼らの巣が雪解け水で流されるということも起きているそうだ。
 南極の生態系が気候変動でどんどん変わっているのは確かなようだ。

 オキアミの話に戻ると、もうひとつの問題がある。

 1960年代にオキアミ漁が始まり多くの国が資源としてのオキアミに関心を持った。南極オキアミは南極海に広く分布するが、南極大陸に沿って、ウェッデル海の辺りとロス海周辺に集中しているらしい。

 オキアミ漁は操業しやすいウェッデル海に集中し、南大洋でももっとも大きな漁業活動となった。これまでは目の細かいトロール網で集中している群れを一網打尽に取ったが、最近はノルウェーが新式のバキュームポンプ付の船を乗り入れ、一気にオキアミを吸い込んで捕獲するという。これまでの船13積分を1隻で捕獲できるというすごい開発(そういえば、近代捕鯨も開発したのはノルウェーだった。実はたいへん怖いところかもしれない)。

 オキアミというと、日本では釣りの餌として使われる。以前、政府は食料として利用しようとした。臭いが結構きつかったりして成功しなかったようだが、安くて冷凍保存できるということで、釣り人には欠かせない餌らしい。

 一方、ノルウェーは、最初から養殖魚の餌として利用、その需要も急速に伸びているようだ。そして、日本もやがて養殖魚の餌として、捕獲量が増えるのではという懸念も表明された。
 ほかにも、サプリメントみたいなものの利用とか、今後利用拡大があっても、縮小はあんまり考えられない。

 オキアミの資源利用に懸念を持ち、生物資源の持続的利用のために『南極の海洋生物資源の保存に関する条約(CCAMLR)』が作られた。この条約は『生態系アプローチ』と『予防原則』を取り入れた画期的な条約である。

 発表者はこの条約の下で年間捕獲量は決められているものの、監視制度などや新たな漁法の制限など資源保護となる管理を行い今後のオキアミの保全をすべきと主張する。

 人事のようで、そうではない。どうなる、どうする?オキアミ?

« 生き物を知ることーまもりたい意識を培うために 1 | トップページ | 日本沿岸のシャチ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。