2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« わからない2 | トップページ | またまたわからない2 »

2008年1月17日 (木)

またまたわからない

久々に、捕鯨関連記事が主要各紙に大きく掲載された。「海の羊飼い」さんたち・・・・・なんとも複雑な気持ちである。
双方の命を危険にさらす行為であることはもちろん、それが解決になるとは思っていないが、それにしても自分自身のことを考えたら、いくら貰っても、小さなゴムボートで、しかも極寒の地で、盛大な放水の歓迎を覚悟で立ち向かおうとは思わない。侵入した二人はそんなに若いわけでもないのに・・・・・

一方で、こうした行動については、大臣や水産庁の彼らへの非難コメントはあるが、いわゆるコメンテーターは何も言っていないようだ。普通は、彼らの行為は許されないものではあるが・・・・などという一言があるようだが、今のところはない(まあ、いつもの’コメンテーター’さんたちはきっとおおはしゃぎなのだろうけど)。

オーストラリアの連邦裁判所が、日本がサンクチュアリ内でクジラを殺すのは違法だという判決を出したということもあり、彼らの行動への批判は別として、日本が南極海で捕鯨をしていることが世界ではどのように見られているかを少しは考えてもらいたいものだ。

最近では、「食育」のなかにクジラ食が入れようという動きがあり、スローフードを提唱している人がクジラ食を勧めいたりするようだが、南極まではるばる捕りに行くののどこがスローフードの考え方に合うのだろう?

大体、竜田揚げという食べ方は、戦後の引揚者が中国の料理をアレンジして伝えたものだともいうし、台所をあずかる者なら、しょうがとしょうゆでくせや臭みを消し、衣をつけて揚げることで食べやすくするのが食費を安く上げるための常套手段であることは先刻承知のはずだ。

「クジラ肉通」の人たちがおいしいと思うらしいナガスクジラの尾の身は、鯨研からの卸の段階で徳用でも12、000/kgのようだから、これはすでに「食育」ではなくグルメだし。

いろいろと反捕鯨を批判している人たちも、調査の内容ではなくひたすら「食べさせろ」といっている。南極まで税金を投入して、調査と称して肉を持ってかえるというのはやっぱりおかしい。

しかし。
今回の彼らの「勇敢な」行動は、どこに問題があるかを日本国内では逆に隠してしまう可能性があるのが残念ではある。

« わからない2 | トップページ | またまたわからない2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。